本当に安全な化粧品を選ぶためのチェックポイント

スキンケアを含め、化粧品を肌に「つけていない」時間は1日のうちどれくらいでしょう?成人女性の大半は、ほぼ24時間365日何らかの化粧品を使っているのではないでしょうか。

このように、毎日、長時間肌につける化粧品ですが、実際にどんな成分が含まれているかご存知ですか?

最近の研究では、いくつかの成分に発ガン性や環境ホルモンの疑いが見つかり問題になっていますが、全成分の表示が義務付けられただけで、規制はされていません。

そこで今回は、危険度が高いと報告されている成分をまとめてみました。

タール系色素・・・多くのものに発ガン性が報告。200号台は特に毒性が強い。

ウロカニン酸エチル・・・免疫力を弱め、皮膚ガンを形成する。

オルトフェニルフェノール(OPP)・・・変異原生、発ガン性。

トリエタノールアミン・・・肝臓や腎臓に障害。動物実験で発ガン。

メチルパラベン・・・染色体異常、環境ホルモンの疑い。

ブチルパラベン・・・染色体異常、環境ホルモンの疑い。

パラフィン(流動パラフィン)・・・パラフィンガンを起こす。

ポリエチレングリコール(PEG-12以下のもの)・・発ガン性や発ガンを促進させる作用。

オキシベンゾン・・・多量に飲むと死に至ることもある。

直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)・・・催奇形性の疑い。

パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)・・・突然変異性。

フタル酸ジエチル、ジオクチル、ジブチル、ジメチル・・・動物実験で白血病。

現在、無添加化粧品に対する国の基準はないそうで、香料や着色料を使っていないだけで無添加をうたっているメーカーもあります。

ですから、無添加だから安全と判断せず、やはり成分表示を見て自分で判断しなければな

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. ちょいモード!下まつげ盛りメイク
    甘くて可愛いだけじゃ、物足りない。たまにはちょっとモードで辛口なメイクで攻め…
  2. 超傷んだ髪に!ホームメイド・ヘアマスクで簡単に潤いを取り戻す方法
    乾燥、ドライヤーの熱、ブラッシングなど髪の毛の傷む原因はさまざまですが、春夏…
  3. 本当?ちょっと信じられない「ゆで卵ダイエット」の方法
    ゆで卵ダイエットとはPhoto by BananaStock / BananaStockゆで卵ダイエ…
  4. 『Tokyo Wedding』極上ベストコスメ第1位!「超」新鮮ビタミンC入り美容液『ブライダル・スイッチ』
    「確実に素早くキレイに」が求められるブライダルエステで、エステティシャンが開…
  5. 間違いなし!スタイリストさんによる秋のヘアスタイルを先取り*
    ちょっと早めの秋スタイルをご紹介!ポイントは流し前髪とバサッとした見た目にありました!!!スタイリス…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る