ついに登場!冬の風物詩「みかん×こたつ」が楽しめるカフェ!

最近は東京でも雪が降りましたし、全国的に厳しい寒さが続いていますね。そろそろ、みかんやこたつが恋しくなりませんか?

「その昔、おばあちゃんの家に遊びに行ったとき、こたつでTVを観ながらみかんを食べながらほっこりしたなぁ」……そんなシーンを懐かしむ私たちに嬉しいお知らせが!

みかんの産地で有名な愛媛県による、美味しくて暖かい『えひめカフェ』プロジェクトが、2月2日(木)〜3月3日(土)の期間で東京の表参道エリアで展開されます。

こちらは“Eat Enjoy Ehime”をテーマに、東京・表参道エリアのカフェやヘアサロン(計24店舗!)にて、愛媛県の農林水産物を使ったオリジナルフードやドリンクを提供するというもの。

なかでも、旗艦店である表参道の人気カフェ『dining cafe HOME』では、日本の冬の風物詩である“こたつ”と“みかん”をイメージして、テラス席のテーブルを“こたつ風“にアレンジした、新しいカフ

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. 本当?ちょっと信じられない「ゆで卵ダイエット」の方法
    ゆで卵ダイエットとはPhoto by BananaStock / BananaStockゆで卵ダイエ…
  2. 国産オーガニックコスメ『L’ORACLE(オラクル) アイ・フォーミュラ』はアイシャドウの実力を引き出してくれる目元美容液だった!
    梨花さんや平子理沙さんが愛用、そしてなにより日本国産オーガニックコスメという…
  3. 【プロ直伝】今日からできる!メイクがグンと上達するポイント3つ
    メイクをする上で大切なのはバランス。形としてのバランスはもちろん、色や質感といったものすべてのバラン…
  4. 頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます。ここでは、頭皮のニキビ対策とシャンプーの関係をご紹介します。意外に思われるかもしれませんが、頭皮の状態を清潔に保つために使われるシャンプーが、逆に頭皮ニキビの原因となっていることもあります。きちんとシャンプーを使えていない、あるいはシャンプーが頭皮に残っている、ということで、これが菌の温床となりニキビを発生させていることもあるのです。そのため、「どのようなシャンプーを選べばいいか」ということを考えるより前に、まずは「正しいシャンプーの方法」を学んでおく必要があります。チェックポイントは、・爪を立てず、指の腹で洗う・泡立ててから使う・シャンプーをしているときの3倍ほどの時間をかけて洗い流すこの3つです。この3つをしっかりマスターすれば、頭皮ニキビは格段に改善すると思われます。さて、いよいよ「頭皮のニキビに効くシャンプーの選び方」に入りましょう。頭皮にできるニキビというのは、新陳代謝が正常に行われていなかったり、頭皮の皮脂の量のバランスが崩れていたりしておきます。ニキビというと、「頭皮の皮脂が多すぎるからいけないんだ」と思われがち。確かにこれも原因の一つではありますが、「乾燥」もニキビの原因となります。そのため、選択肢に真っ先に挙げられるのは、「保湿効果があるシャンプーを選ぶ」ということです。「皮脂が多すぎる場合は、洗浄力の強いものを使えばいいのか?」と思う人もいるかもしれません。しかし、ニキビができてしまっている頭皮というのは、健康的な頭皮よりもデリケートになっており、強すぎるシャンプーでは逆効果になりかねません。普段は男性用の強いシャンプーを使っている、という人でも、頭皮のニキビができているときは女性用のシャンプーなどを使用すると良いでしょう。もち
    頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます…
  5. 間違いなし!スタイリストさんによる秋のヘアスタイルを先取り*
    ちょっと早めの秋スタイルをご紹介!ポイントは流し前髪とバサッとした見た目にありました!!!スタイリス…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る