どう見てもデカイ歯ブラシ! 1900~1950年代に作られたマスカラがめちゃめちゃ使い辛そうであります

マスカラは、今や女子にとって必需品。

そのメイクアップ効果は、夜の蝶をしている記者の友人が「マスカラを塗っている日とそうでない日は、指名の数が全然違う」と豪語するほど。たしかにぶっちゃけ、素肌さえ美しければ、「眉」「チーク」「マスカラ」だけでメイクが事足りちゃいますもんね。

そんなマスカラの歴史を遡ってみたところ、ある興味深い写真を海外サイト『buzzfeed.com』で発見してしまいました。

掲載されていたのは、1900~1950年代実際に販売されていたと思われるマスカラの数々。上の写真をごらんください。このブラシ、どこからどう見ても、でっかい歯ブラシにしか見えませんっ!

今や世界ナンバーワンの売り上げ実績を誇る化粧品ブランド『Maybelline』のマスカラも、そもそもの成り立ちは「ワセリンと石灰粉をブレンドした」だけの代物。薬剤師をしていた兄が目のあまり大きくなかった妹のために考案した、なんていう逸話を聞くと、なんだか泣けちゃいますよね〜。

上の写真にあるマスカラ

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. 美尻こそ簡単に作れるモテパーツ♡空いた時間でながらエクササイズ!
    女子は胸ばかりを気にしすぎですが、男子は実はお尻も大好き。最近は、胸なんかどうでもいい、お尻お尻、と…
  2. 超傷んだ髪に!ホームメイド・ヘアマスクで簡単に潤いを取り戻す方法
    乾燥、ドライヤーの熱、ブラッシングなど髪の毛の傷む原因はさまざまですが、春夏…
  3. ちょいモード!下まつげ盛りメイク
    甘くて可愛いだけじゃ、物足りない。たまにはちょっとモードで辛口なメイクで攻め…
  4. 頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます。ここでは、頭皮のニキビ対策とシャンプーの関係をご紹介します。意外に思われるかもしれませんが、頭皮の状態を清潔に保つために使われるシャンプーが、逆に頭皮ニキビの原因となっていることもあります。きちんとシャンプーを使えていない、あるいはシャンプーが頭皮に残っている、ということで、これが菌の温床となりニキビを発生させていることもあるのです。そのため、「どのようなシャンプーを選べばいいか」ということを考えるより前に、まずは「正しいシャンプーの方法」を学んでおく必要があります。チェックポイントは、・爪を立てず、指の腹で洗う・泡立ててから使う・シャンプーをしているときの3倍ほどの時間をかけて洗い流すこの3つです。この3つをしっかりマスターすれば、頭皮ニキビは格段に改善すると思われます。さて、いよいよ「頭皮のニキビに効くシャンプーの選び方」に入りましょう。頭皮にできるニキビというのは、新陳代謝が正常に行われていなかったり、頭皮の皮脂の量のバランスが崩れていたりしておきます。ニキビというと、「頭皮の皮脂が多すぎるからいけないんだ」と思われがち。確かにこれも原因の一つではありますが、「乾燥」もニキビの原因となります。そのため、選択肢に真っ先に挙げられるのは、「保湿効果があるシャンプーを選ぶ」ということです。「皮脂が多すぎる場合は、洗浄力の強いものを使えばいいのか?」と思う人もいるかもしれません。しかし、ニキビができてしまっている頭皮というのは、健康的な頭皮よりもデリケートになっており、強すぎるシャンプーでは逆効果になりかねません。普段は男性用の強いシャンプーを使っている、という人でも、頭皮のニキビができているときは女性用のシャンプーなどを使用すると良いでしょう。もち
    頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます…
  5. 足の疲れ・むくみを取る為に毎日できる簡単なこと
    人間、基本的には二本足で歩いています。その足には5本ずつ指がついていますが、本来足の自然な状態とは、…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る