ヘアケアは正しい理解から。カラーで傷む、その原因と対策。

ヘアカラーで髪が傷む原因。

ざっくり言うと、「化学薬品」を使用することにより

「髪に負担」がかかることで傷みます。

もう少し詳細に話をすると、

カラーやブリーチはキューティクルを広げ、

髪の内部のメラニン色素を分解、溶かしだし、

それによって他の色が入る状態を作っています。

イメージはホースを広げて中身を出して、

その中に別のものを入れる感じです。

そうすることによって本来持っていた

色を外に出して、別の色を入れられるのです。

この工程がどうしても傷む原因になります。

キューティクルは髪の毛を覆ってくれている保護壁のようなもの

それがカラーによって『剥がれ落ちる』ことや、

カラーなどによって髪の『中身を溶かし出す』ことによって

中身がスカスカになってしまったりが

ぱさぱさなどの傷みの原因となるのです。

髪の密度を高める髪質改善をお勧めしています。

どうしてもカラーなどの薬剤を使用すると

ノーダメージというわけにはいきません。

表面をなめらかにするよりは、

内部に浸透させることで

髪の密度を高める施術が髪質改善です。

髪質が改善されると、

ブローなし!

アイロンなし!

ヘアオイルなし!

ザッとドライヤーで

乾かしただけで

この状態まで髪を元気にすることができます。

傷まない薬品はありません。

薬品を使わないのが大事な条件です。

髪はもう傷めたくないけど、カラーはしたいってこと。

ありますよね?

そんな場合は

『髪の密度を高める「特殊ハーブ」を使った施術。』

をお勧めしています。

髪の密度を高める「特殊ハーブ」を使った施術は

実際に髪質改善と呼ばれるものの

行程に入っているものなんですが、

#100%ハーブを使うことによって、

空洞化してしまった髪の内部を穴埋めし

髪の密度を高めてくれるものになります。

その特殊なハーブの色素をつかって、

髪の内部に色をしみこませることが可能です。

もちろんキューティクルを広げたり、

中身の色素を溶かし出したりがないので

ダメージがありません。

ただ、注意点としては、

空洞化した髪の内部にハーブの色素を

しみこませるだけなので

○髪の色を明るくすることはできません

○カラーのように色のバリエーションはありません

○浸透するのにカラー剤より少し時間がかかります。

というところはあります。

ただ、どうしても傷ませずに

髪色をトーンダウンしたい。

という思いには答えられるかと思いますよ^^

こちらでカラーはしておりません。

髪質改善の行程の一つである

ハーブを浸透させてだけなんです^^

これであればダメージ0で色を落ち着かせられます♪

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. 美尻こそ簡単に作れるモテパーツ♡空いた時間でながらエクササイズ!
    女子は胸ばかりを気にしすぎですが、男子は実はお尻も大好き。最近は、胸なんかどうでもいい、お尻お尻、と…
  2. 頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます。ここでは、頭皮のニキビ対策とシャンプーの関係をご紹介します。意外に思われるかもしれませんが、頭皮の状態を清潔に保つために使われるシャンプーが、逆に頭皮ニキビの原因となっていることもあります。きちんとシャンプーを使えていない、あるいはシャンプーが頭皮に残っている、ということで、これが菌の温床となりニキビを発生させていることもあるのです。そのため、「どのようなシャンプーを選べばいいか」ということを考えるより前に、まずは「正しいシャンプーの方法」を学んでおく必要があります。チェックポイントは、・爪を立てず、指の腹で洗う・泡立ててから使う・シャンプーをしているときの3倍ほどの時間をかけて洗い流すこの3つです。この3つをしっかりマスターすれば、頭皮ニキビは格段に改善すると思われます。さて、いよいよ「頭皮のニキビに効くシャンプーの選び方」に入りましょう。頭皮にできるニキビというのは、新陳代謝が正常に行われていなかったり、頭皮の皮脂の量のバランスが崩れていたりしておきます。ニキビというと、「頭皮の皮脂が多すぎるからいけないんだ」と思われがち。確かにこれも原因の一つではありますが、「乾燥」もニキビの原因となります。そのため、選択肢に真っ先に挙げられるのは、「保湿効果があるシャンプーを選ぶ」ということです。「皮脂が多すぎる場合は、洗浄力の強いものを使えばいいのか?」と思う人もいるかもしれません。しかし、ニキビができてしまっている頭皮というのは、健康的な頭皮よりもデリケートになっており、強すぎるシャンプーでは逆効果になりかねません。普段は男性用の強いシャンプーを使っている、という人でも、頭皮のニキビができているときは女性用のシャンプーなどを使用すると良いでしょう。もち
    頭皮にできてしまったニキビ。これを悪化させないためには、シャンプーの使い方がとても重要になってきます…
  3. 足の疲れ・むくみを取る為に毎日できる簡単なこと
    人間、基本的には二本足で歩いています。その足には5本ずつ指がついていますが、本来足の自然な状態とは、…
  4. 間違いなし!スタイリストさんによる秋のヘアスタイルを先取り*
    ちょっと早めの秋スタイルをご紹介!ポイントは流し前髪とバサッとした見た目にありました!!!スタイリス…
  5. 暖かくなったらカラフルなネイルがしたいから♪【マドラスチェック】デザイン集
    春夏のチェックは、秋冬よりもカラフルでふんわりムードのマドラスチェックがおすすめ。新しいことが始まる…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る