「写真うつりブス」はもう卒業!写真映えする美人度アップメイク

しっかりメイクを決めたはずなのに、写真にうつった自分の顔を見たら、白浮きやテカテカ…。こんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

写真うつりを可愛く見せるには、ちょっとしたテクニックがあります。コツをマスターして、今すぐ「写真うつりブス」を卒業しましょう。

■写真映えするメイクのポイント

写真にうつった自分の顔を見て、一番ショックなのが、顔だけが不自然に白く浮いてしまったとき。白浮きの原因は、顔と首の色が違うことにあります。ファンデーションの厚塗りは避け、フラッシュによるギラつきをおさえるために、パールを使ったツヤ肌メイクも控え目に。

パッチリした目元を演出するために、アイメイクはメリハリを重視します。アイラインは黒でしっかりめに入れ、ビューラーとマスカラでまつ毛を上下に開かせて。

リップはグロスだけだとギラギラしすぎてしまうことがあります。太めのリップライナーを使って自然な輪郭を描いておきましょう。への字口のコワイ顔にうつらないように、口角を上げておくのがポイントです。

写真では実際より顔がのっぺりとして見えがちなので、チークは必須です。いつもより少し濃いめに入れると、血色よく小顔に見せてくれる効果がありますよ。

■キレイに写真にうつるシチュエーションは?

屋内などでフラッシュを使うと、どうしても顔がテカったりのっぺりした印象になったりしてしまいます。写真を撮るのが日中なら、なるべく自然光で撮るのがおすすめです。

また、白い服を着ていると、レフ板のように光を反射させ、顔色を全体的にソフトに見せる効果があるようです。座った姿勢なら、膝の上に白いハンカチをのせるだけでも写真うつりがだいぶ違ってくるようですよ。

集合写真で体型や顔の大きさが気になるときは、他の人よりこっそり半歩下がって、遠近法で小顔に見せてしまいましょう。そのとき体を少し斜めにすると、さらにスリム&小顔に見せることができますよ。

■可愛く撮れる自撮りのコツ

SNSなどへアップするため、スマホのカメラなどでの“自撮り”の機会も多くなっています。自撮りのときもなるべくフラッシュは使わず、できるだけ自然光で。室内でも、自然光が入る窓際や、白い壁のそばで撮るのがおすすめです。

また、自撮りをするときには、絶対に顔の下から撮っては

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. 超傷んだ髪に!ホームメイド・ヘアマスクで簡単に潤いを取り戻す方法
    乾燥、ドライヤーの熱、ブラッシングなど髪の毛の傷む原因はさまざまですが、春夏…
  2. 火曜日に始めてはダメ? 成功するダイエットと曜日の関係
    ダイエットをしようと思っても、ついつい先延ばしにしてしまう。そんな記憶はあり…
  3. 間違いなし!スタイリストさんによる秋のヘアスタイルを先取り*
    ちょっと早めの秋スタイルをご紹介!ポイントは流し前髪とバサッとした見た目にありました!!!スタイリス…
  4. 暖かくなったらカラフルなネイルがしたいから♪【マドラスチェック】デザイン集
    春夏のチェックは、秋冬よりもカラフルでふんわりムードのマドラスチェックがおすすめ。新しいことが始まる…
  5. ストレスを感じている女性は約9割!原因の約半数は「人間関係」
    ニッセンは、4月14日より4月21日にかけて、30代・40代の女性約800人…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る