今すぐやらないと確実に後悔する「夏の乾燥対策」7つ【後編】

実は乾燥している夏の肌。保湿ケア、していますか?暑さと汗で保湿ケアをサボりがちな今こそ、真剣だった冬のケアのテクニックが効くのです!

アメリカの健康ニュースサイトmelanoma onlineから、本格的なのに手軽な保湿の秘策7つのうち、前編では4つご紹介しました。

この後編では、残りの3つの秘策をお伝えします。

■秘策5:オメガ3脂肪酸たっぷりな食事を摂ること

うるおいを最大にするには、実は飲み物より食べ物が肝心です。たっぷり水を飲むことには、肌のうるおいを保つ働きが確かにありますが、飲みすぎると、水分を体外へ排出するスピードが上がるだけです。

鮭やオヒョウなどの魚に多く含まれる、オメガ3脂肪酸を充分に摂ると乾燥を防ぐことができます。またこれらの魚には、αリノレン酸(炎症を抑え、天然の皮脂を保つ肌の脂質層を強くする)も含まれています。

■秘策6:熱い湯船での長風呂は避けること

熱いお湯の中で肌がどのような反応を示すかご存知ですか?そう、汗をかきます。体温より高い湯温で入浴すると毛穴が開き、そこからうるおいが蒸発してしまいます。

熱いお風呂が恋しい時は、時間を5分以内にして、ワセリンやヒマワリ油を配合したクリーミーなボディソープをつかいましょう。キュッキュと音がするほど清潔にするより、皮脂を落としすぎないようにするためです。

そして大切なのが、タオルドライは優しく控えめにすること。まだ少し湿り気が残った状態で、すぐに乳液やクリームを塗りましょう。うるおいを逃さないで閉じこめるわけです。

■秘策7:寝室には加湿器を置くこと

顔が粉をふいてしまう―たいていの場合、犯人は高すぎる室温です。サーモスタットを高く設定して、室内で座りっ放しでいると、肌がからからになるまで放置しがちです。

加湿器を使うと、空気が乾ききる前にうるおいを取り戻すことができます。理想的な加湿器の設置場所は寝室です。睡眠中はスイッチをオンにしておきましょう。夜間、肌は細胞再生モードに入りますが、この間水分が失われるスピードが上がるのです。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を評価する

アーカイブ

今話題のダイエット

  1. 登録されている記事はございません。

注目の美容記事記事

  1. インスタントラーメンで新発見!ダイエットサラダ麺の作り方
    インスタント麺をつくる時に子供たちがパリポリとスナック菓子のように麺をそのまま食べることがあります。…
  2. ダイエット鍋に最適な材料はコレ!!
    冬になると食べたくなる鍋は、ダイエッターに最適なメニュー。野菜、豆腐、肉、魚…と、具材も多様ですし、…
  3. 暖かくなったらカラフルなネイルがしたいから♪【マドラスチェック】デザイン集
    春夏のチェックは、秋冬よりもカラフルでふんわりムードのマドラスチェックがおすすめ。新しいことが始まる…
  4. 足の疲れ・むくみを取る為に毎日できる簡単なこと
    人間、基本的には二本足で歩いています。その足には5本ずつ指がついていますが、本来足の自然な状態とは、…
  5. ちょいモード!下まつげ盛りメイク
    甘くて可愛いだけじゃ、物足りない。たまにはちょっとモードで辛口なメイクで攻め…

カテゴリ一覧

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る